経営方針2021

『2021年丑年、地に足つけて、一歩一歩着実に前進しよう!』

~ 牛のように、どっしりと構え、我慢強く粘り強く、努力を惜しまずコツコツと我が道を進んでいこう! ~

 2020年は十二支のスタートの年で期待されましたが、コロナで始まりコロナで終わった苦難の年でした。
 明けて2021年の干支は「辛丑(かのとうし)」です。
 「辛」はツライ、カライ、ヒドイなどの意味もあり、思い悩みながら衰退をしつつ、幕引きとなります。一方、「丑」は芽が種子の硬い殻を破ろうとしている状態で、新しい生命の息吹を表しています。つまり、終わると同時に始まるということです。終わりと始まりは隣同士で、「辛」と「丑」は相性が良く、緩やかな衰退、痛みを伴う幕引きと、新たな命の息吹が互いを生かし合い、強め合うことを意味しています。この「転換期」の波にうまく乗り合わせて希望の年としたいものです。
 コロナ禍の下、収束の時期が見えずまだまだ不安定な状況が続きますが、新型コロナウィルス感染拡大防止に細心の注意を払って、自分ができることをしっかりしましょう。
 この状況に耐え、情勢を見極め、今何を求められているかをしっかりと考え、努力して、私たちができることを着実にこなしていけば、きっと世の中に光が見えてくると思います。
 今、私は好きな仕事をしっかりできていることに感謝しています。
 今年も、事務所一丸となって、全力でサポートしていきたいと思います。

今年の実践目標

経営力向上

毎月の巡回監査で経営者の適時・適正な経営成績把握UP

FX2シリーズ・FX4クラウド・FinTechサービスで経理の合理化
継続MAS・・「経営向上計画」
書面添付・記帳適時性証明書・中小会計要領
決算書の信頼性を保証
 TKCモニタリングサービス

相続税・贈与税

「円満な遺産分割」「相続税・贈与税納税猶予」「相続対策」
「暦年贈与」「相続時精算課税贈与」「教育資金贈与」

事業承継

「後継者への円滑な承継」企業の「磨き上げ」が大事です!

過去の経営方針

経営方針2020はこちら
経営方針2019はこちら
経営方針2018はこちら
経営方針2017はこちら
経営方針2016はこちら
経営方針2015はこちら

経営方針2014はこちら
経営方針2013はこちら
経営方針2012はこちら
経営方針2011はこちら
経営方針2010はこちら

経営方針2009はこちら
経営方針2008はこちら
経営方針2007はこちら
経営方針2006はこちら
経営方針2005はこちら